全部が緩いとダサく見える夏服の男性メンズファッション

MENZ-STYLE(メンズスタイル) SPUTNICKS(スプートニクス) JIGGYS SHOP(ジギーズショップ)

きれいめ系〜カジュアル系

151515151

メンズスタイル公式サイト

きれいめ系〜カジュアル系

151515151

スプートニクス公式サイト

渋谷系のトレンドファッション

151515151

ジギーズショップ公式サイト

 

 

全部が緩いとダサく見える夏服の男性メンズファッション

 

夏は特に、男性のファッションも緩くなることが多いようです。
いつもは着ないショーツや短パンを履いたり、適当なTシャツやタンクトップ、甚平などを着ている人も見受けられます。
夏祭りや家族で過ごす夏の夜の時間などでは緩いファッションのほうが、むしろお祭り気分を盛り上げてくれますが、
都会の街中を歩くときやデートのときは、行く街に合わせてどんなお店にも入れるようなファッションをしておくこともTPOではないかと思います。
個性をなくすのではなく、自分らしさを表現しつつも、その街やその場の雰囲気に合わせるということです。

 

例えば、街中なのに、タンクトップにショーツ、ビーチサンダルや草履という近所を歩くような恰好はダサいと感じます。
海や川、キャンプの朝のリラックスした時間であれば、全く問題ありません。
また、海や川なのに、カチッとしたシャツにスラックスや革靴などでもダサいと感じます。
やはり、その場所や時間帯、一緒に過ごす人たちのことを考えたファッションが重要です。
ファッションは自分だけの楽しみなだけではなく、一緒に過ごす人たちを和ませる、心地よくすることもできるものでもあるからです。
そういう気遣いができていないということが、ダサいのだと思います。

 

頑張りすぎたような似合っていないトレンドファッションもダサいので、ご自身に似合っている清潔感のあるものを着ることがポイントです。
例えば、派手な色が似あう方は、派手なシャツを着たときにはシックなパンツで少し抑えて小物を上質なものにする、白シャツが似合うような方は、白シャツにサイズやシルエットが自分に似合うチノパンを選び、シューズやバッグで遊ぶ。
そんなバランスの良い力の抜けたファッションが、夏はとても素敵だと思います。