ちょっとダサい残念な夏の男服メンズファッション

MENZ-STYLE(メンズスタイル) SPUTNICKS(スプートニクス) JIGGYS SHOP(ジギーズショップ)

きれいめ系〜カジュアル系

151515151

メンズスタイル公式サイト

きれいめ系〜カジュアル系

151515151

スプートニクス公式サイト

渋谷系のトレンドファッション

151515151

ジギーズショップ公式サイト

 

 

ちょっとダサい残念な夏の男服メンズファッション

 

夏になり、暑くなってくるとどうしてもトータル的に服を着る枚数が少なくなり、少しでも身軽に涼しくいたいものです。
周りをみるとタンクトップに短パンにサンダルと言った、アイテムの中でもかなり肌を露出したスタイルをしている男性を多く見ることがあります。

 

特に、タンクトップはデザイン性が無く無地のものが多く、色も絞られてきますし、最近だとサンダルも同様のデザインのものを履いている人を多く見ます。あたかも、それが軽くて涼しくて無難だとおもっている男性が多く、なおかつお洒落だと思っている人は少し残念な印象を受けます。

 

そもそも、タンクトップや短パンなど露出が多い服装が本当に涼しいのでしょうか。肌に直射日光が当たるとどうしても肌温度はすぐに高くなりますし、汗も多く出ます。汗が多く出ると、生地面積が狭い分、汗を吸収する要素がないので、汗による臭いもでてくるものです。ここでは、相手に清潔感という面で、不快な思いをさせる事も少なくないでしょう。すなわち、自分が良いならそれでいいという服装になってないでしょうか。

 

どんなに、暑くても身軽でも、場所と相手の事を考えた服装が、暑い夏にとっては大事だと思います。自分も暑いと感じますが、周りの人々も暑いのです。周りの人が自身の欲求だけの為の服装で、嫌な思いをしているのに、それをあたかもかっこいいと思うのはどうかという考えもあるのではないでしょうか。

 

例えば、今はタンクトップでも、短パンでも、汗を吸収して通気性の生地やデザインの物が沢山あります。また、少しでも涼しくしたいのであれば、肌に直接熱が伝わらないように、帽子を被ることもお勧めします。シンプルな定番の装いでも、少しの工夫と少しの思いやりがあることで、残念と思われず、相手に好意的な印象さえ与える服装になるのではないでしょうか。